キュートな小顔になる!ボトックス注入で憧れを現実に

女の人

日帰り施術で顔を小さく

カウンセリング

安全性が高い美容整形

顔が大きく見えてしまう原因として、表情筋が凝り固まり、張り出して見えるということが挙げられます。むくみや脂肪で顔が大きく見えてしまう場合、ダイエットやマッサージで解消できることも多くあります。しかし、表情筋が原因となっている場合、これらの方法では効果を得ることは難しいでしょう。現代の美の基準では、顔の大きさに注目が集まることが多く、もっと顔を小さくしたいと悩んでいる方も多くいるでしょう。美容クリニックでは小顔になれる施術を様々と扱っており、より美しくなりたいという方に人気を集めています。様々とある小顔施術の中でも、もっとも多くの人に選ばれているのはボトックス注射でしょう。ボトックス注射は、ボツリヌストキシンという薬液を注射器によって注入するという施術であり、身体への負担が少ないという特徴を持っています。ボトックス注射がとくに効果を発揮するのは、表情筋によってエラが固くなり、張り出しているなどの場合です。ボトックスには筋肉を弛緩させるという作用があり、固まってしまった表情筋を緩めることで、張り出しているエラを改善することが可能となります。エラと呼ばれる部分は固いため、骨が張り出していると考える人が多く居ますが、実際には骨の周りに咬筋と呼ばれる筋肉があり、見た目に大きく影響しているのです。咬筋は、物を噛む際に働く筋肉であり、奥歯を噛みしめる癖などがあると発達しやすいといわれています。咬筋が発達しすぎてしまうと、固く張り出し、まるで顎の骨が大きくなったように見えてしまうのです。ボトックスを注入して咬筋を緩めると、張り出していた部分が改善され、顔が小さくなったように見えるということになります。ボトックス注射は、外科手術ではなく、皮膚を切開することがない方法ですから、身体への負担が少ない低リスクな施術だといえるでしょう。外科手術を受けた場合、手術後に入院する必要があるなど日常生活へも影響が出ることが多くあります。美容クリニックで外科手術を受ける場合、学校や会社などを休む必要があると周りに知られてしまうなど不便に感じる点も多くあるでしょう。また、手術の跡が残るかもしれないなど様々な不安が生じてしまうものです。しかし、注射器による施術なら、当日中に帰宅することができますし、傷跡が残ってしまうようなこともありません。ボトックス注射なら、ごく短時間で施術が終わります。また、ダウンタイムもありませんから、スケジュールを気にすることなく気軽に受けることができるのです。ボトックス注射による小顔効果は永久に続くものではなく、その持続期間は半年程度だといわれています。身体への負担が少ない施術ですから、繰り返し受けることが可能であり、人によっては半年ごとなど定期的にクリニックで施術を受けることもあるようです。注入された薬液は、皮膚の下にとどまり徐々に筋肉へと作用してエラを緩和していきます。その後徐々に体内へと吸収され、排出されていき、半年後には効果を失うという流れになります。人によって効果の持続期間には差がありますが、繰り返し施術を受けることによって徐々に持続期間が長くなる傾向です。初めの施術では、半年しか続かなかったが数回受けた結果、一年間保つようになったという方もいるでしょう。筋肉は使わないと徐々に小さくなるという性質を持っているため、ボトックス注射を継続していくと徐々に咬筋そのものが小さくなるといわれています。ごく簡単な施術内容でありながら小顔効果が高く、そして安全性が高い方法であるボトックス注射は、これからますます人気を集めていくでしょう。

Copyright © 2017 キュートな小顔になる!ボトックス注入で憧れを現実に All Rights Reserved.